かみしばいアンサンブルよこはま
Kamishibai Ensemble Yokohama

HOME KEYとは? NEWS 公演のお知らせ 代表作品 プログラム例・スナップ 活動のあゆみ
掲載記事 オークン カンボジア ツアー ブラジル ツアー 鳥取ミニ・ツアー レポート  ビデオ リンク集

創 作 編 実 演 編 そ の 後 関連記事


K・E・Y ’S FRIENDS  『オークン』 





* 神奈川新聞 《よこはま瓦版》 より転載

トライ2002 瓦版記者体験記  『紙芝居実演編』
                         (2002.04.03.)

 2ヶ月の苦労重ね  観客と心一つに
  子供たちがかつて夢中になった紙芝居の魅力を体感しようと、記者は先月二十三日、横浜市栄区内で自作の紙芝居を初演した。経験者の指導を受けながら、自身のカンボジア旅行記を題材に脚本や絵を創作、朗読のリハーサルを重ねて二ヶ月。さて、さて、苦労を重ねてようやくたどり着いた本番での結果はいかに?(高野 学)

 (ここは市場です)
 「おじさん、あの大きな果物は何? 」  
 「あれはドリアン。果物の王様だよ」
 「じゃあ、女王様は?」
 「マンゴかな?」
 豊田地区センターで開かれたお話し会「ほしのこひろば」。小学二年までの子供と父母の三十人ほどが見守る中、記者は東南アジアの民族衣装をまとって懸命に紙芝居の朗読に打ち込んだ。衣装はこの日に備えて市民グループ「鶴見国際交流の会」(田中胖子代表)から借りたものだ。
 朗読に合わせて、ある時は軽快な、ある時には情感あふれる音色がキーボードから流れ出た。BGMを熱演してくれたのは栄区桂台南のピアノ教師原和子さん。日ごろは、同区内の主婦で朗読役の大泉ひろ子さんと新作紙芝居を演じている。二人は今回の講師陣だ。
 せりふは基本的に主人公で少年「タッくん」と元カンボジア難民の「おじさん」の対話なので二人の声色を使い分ければいいのだが、これが記者には一苦労。聞き取りやすいようゆっくり読み進めた。アンコールワットの見学シーン(写真参照)では、原さんがカンボジアの打楽器に似せた音色を巧みに織り交ぜた。すると、神秘的な雰囲気が醸し出された。
 時折絵を部分抜きする。例えば「やあ、ぼく たくみ」と少年が登場する時にまず絵の右側半分に描いたタッくんだけを観衆に見せ、その後のおじさんの登場に合わせて全体を見せる(写真参照)。すると動画的な効果が出る。絵の裏側には抜く位置が分かるよう線を描いておく。展開を考え絵をすばやく、また、ゆっくりと引き抜くことも大切だ。
 街中でタッくんが、地雷の被害に遭い義足の少年とぶつかるシーン(写真参照)の時だ。「あっ、地雷だ」。記者が状況説明を入れる前に子供の一人が小声を発した。朗読中、このように子供たちが絵を見ながら時々声を上げる。その反応で客と演じ手の気持ちが一体になっていることを実感できた。
 十分ほどの実演。出来はともあれ、懸命さだけは観客にも伝わったようだ。子供たちから「感動した」「よかったよ」と褒めてもらった時には疲れが吹っ飛んだ。熱心に見てくれた父母たちからは絵の描き方などについて親切なアドバイスも受けた。
 気を良くした記者は今秋に西区の県立図書館で開かれる全国コンクールへの出場を夢見たものの、上演後、講師の大泉さんから助言された。「全国大会に出るにはもっと朗読力を磨かなくてはね」。その道を極めるのはやはり難しい。

 カンボジア旅行記が題材 感謝の大切さ知って
   今回の紙芝居の題名は「オークン(カンボジア語でありがとう)」。物語の主な登場人物は小学四年生の主人公「タッくん」と近所に住む元カンボジア難民「トラムおじさん」だ。二人のカンボジア旅行を通して現地の歴史や文化などについて日本の子供たちに分かりやすく知ってもらうのが紙芝居の第一の狙いだ。
 カンボジアが仏領であったことを紹介するため、市場にフランスパンのサンドイッチがいまだ売られている事例を挙げた。日本とカンボジアの交流を紹介するため、世界遺産のアンコールワットの修復に日本も協力していることや首都プノンペンのメコン川に日本が架けた橋を引用した。
 戦争があった歴史を描くために地雷の被害に遭った少年を義足で登場させた。このシーンが物語の最初の山場。街中でタッくんは、義足の少年と衝突する。ころんだ少年を助け起こした時、少年がタッくんに語った「オークン」がキーワードに。クライマックスに当たるメコン川の橋上での夕焼けのシーン(写真参照)で、タッくんはさなざまな体験をさせてもらったおじさんに「ありがとう」と話し、少し間を置いて「オークン」と発して物語を閉める。
 子供たちにカンボジア語の「ありがとう」を覚えてもらい、感謝の気持ちを抱く大切さを知ってもらいたいとの願いも込めた。



神奈川新聞 映像センター  吉田太一記者  Ⅱ
                       (2002.03.23.)



高野記者の実演のようすを撮影に
於: 豊田地区センター 『ほしのこひろば』





次は ・・・ 『 紙芝居オークン その後 』 へどうぞ






HOME       オークン TOP       その後 』 へ